レーザー脱毛におけるリスク.

レーザー脱毛に限ったことではなく、脱毛サロンでのフラッシュ脱毛にも・・ もちろん自己処理での脱毛も、とにかく “脱毛” には 必ず何らかのリスクが伴います。

医療レーザー脱毛であれば、医師が、もしくは医師の監修の元で行われるのでどのようなトラブルが起こったとしてもそれほど心配することはありませんが、同じレーザー脱毛でもトリアでの脱毛は、あくまでも “自己責任” となります。

起こりうるトラブルを事前にあらかじめ知っておくのと、全く知らない のとでは、万が一トラブルが発生した時の対処も違ってくるというものです。

 ここでは トリア自体のリスク というよりも、「レーザー脱毛のリスク」という事で いくつかあげてみたいと思います。

炎症性浮腫・照射後の赤み・ヒリヒリ感・ムクミ

レーザー脱毛による炎症は必ずと言っていいほど起こる確率の高いトラブルです。
軽く日焼けをした後のようなヒリヒリ感・赤く火照る・患部のムクミ 等、肌が弱く荒れやすいは特に起こりやすくなります。
 通常は1日程度で回復しますが、2日,3日と長引くようであれば 速やかに医師の診察を受けましょう。

やけど.

体毛の個人差やその日の肌の状態 等によって、同じ出力のレーザー光でも強すぎたり 弱すぎたりする事があり、マレにヤケドを起こす事があります。
 レーザー脱毛はその性質上、皮膚に影響を与えないギリギリの所での出力調整をする事でより脱毛効果が得られるのですが、その見極めがナカナカ難しく、シロウトともなればなお・・ 

そのため レーザー脱毛におけるヤケドの発生をゼロにするのは、ナカナカ難しい事のようです。

毛の硬毛化・増毛化.

硬毛化・増毛化 とは、レーザーを照射したことによって 本来であれば細くなったり薄くなったりするハズの毛が、逆に太く濃くなったり、以前よりも増えたりする現象です。

 このような症状が出る部位は、顔・うなじ・背中・上腕 等のもともとメラニン色素の薄い 言わば “産毛” と呼ばれる部位で起こりやすいようです。
ハッキリとした理由は解明されておらず、おそらく、レーザーを照射したことにより 本来なら細胞にダメージを与え、破壊する役割の光のエネルギーが、何らかの理由で、逆に毛根周辺の細胞を活性化させてしまったがために、このような現象が起こるのではないか と推測されています。

対処法としては、「そのまま処理を続行する事」です。定期的に照射を続ける事で改善方向へと向かう とのことです。

毛嚢炎(もうのうえん).

“もうのうえん” とは、ニキビのようなブツブツが肌に現れる皮膚炎のことで、男性の髭剃り後にできるような炎症の強いものと、炎症は少ないけれど 毛包が菌に感染してしまっていて、ただ肌がブツブツと凹凸になるケースがあります。

 炎症の強いタイプのものは、赤みを帯びヒリヒリとした痛みを表皮に感じ 白っぽい膿が溜まったような症状になることもあります。炎症が少ない場合は、特に痛みなどはなく赤みなどもありません。

“もうのうえん” ができる理由は、レーザーの熱により毛穴周辺の皮膚組織がダメージを受け、肌のバリア機能が低下して菌が侵入しやすくなるためだとされています。
 程度がひどくなければ市販の軟膏などで治りますが、広範囲にブツブツが広がっている場合や、痛みやカユミがある場合は、早めに医師の診察を。
 
 
以上のように レーザー脱毛のリスクはイロイロあります。
 トリアでの脱毛処理で、もしこのような症状に見舞われた場合は、落ち着いて対処してください。