レーザー脱毛とフラッシュ脱毛の違いは?

“脱毛” というと、必ずこの2つの方法で迷う方は多いのでは? と思います。

この2つは、同じ光脱毛でも光の種類が違います。

フラッシュ脱毛とは.

 脱毛サロンなどで採用している光が、「フラッシュ」。家庭用脱毛器でも ”フラッシュ式” と呼ばれるタイプのものは、すべてコチラの光に属します。

フラッシュ式・・様々な波長を含む光を特殊なフィルターにかけ、有害な光(紫外線など)をカットし、黒い色に反応する波長の光だけを取り出し、照射する方法。
 代表的なものは『IPL(インテルス・パルス・ライト)』と呼ばれる光で、光エネルギーに「RF(Radio Frequency)」と言う高周波エネルギーをプラスする事で、産毛などの色素の薄い毛にも反応でき、多くの脱毛サロンやフラッシュ式の家庭用脱毛器に採用されています。

ちなみに、脱毛サロンによって呼び方が異なる「S,S,C脱毛」などは、使っている機器や特殊な美容液などの違いで、基本は同じです。

レーザー脱毛とは.

そして、医療クリニックや病院の皮膚科などで行われてる脱毛が “レーザー脱毛” です。

レーザー式・・特定の色(黒,茶)に反応する単一の波長の光のみを使用。レーザーの特徴として、フラッシュのように拡散することはなく、ある一定の方向に向かってまっすぐに発振すると言う “集光性” に優れた光のため、レンズを用いることで、光を1点に集中させることができる利点があります。
 
 この特質を利用して、毛根の奥の毛乳頭をピンポイントで照射し、毛根を細胞ごと破壊することで発毛を阻止する と言う毛を根幹から退治する方法です。
レーザー脱毛は、同じく医療でしか行われない『絶縁針脱毛』に次ぐ、”永久脱毛” と呼べるに足る脱毛方法と言えます。

と言うように、同じ光脱毛でも雲泥の差? とまではいかないにしても、それほどの差がある脱毛方法です。

「光の熱エネルギーで毛根を刺激する」と言う部分はどちらも同じですが、フラッシュ脱毛では 毛根の細胞までをも破壊することはできません。
なので、フラッシュ脱毛を行っている 脱毛サロンやフラッシュ式の家庭用脱毛器の脱毛処理では、一旦 毛は無くなりますが、またしばらくすると生えてきます。

もちろん、効果については個人差があるので、一概にフラッシュ式はどうの レーザー式がどうの と決めつける事はできません。「脱毛サロンのフラッシュ脱毛で 二度と毛が生えてこなくなった」と言う人もいますし、「医療レーザーを受けたのにまた生えてきた!」と言う人も・・

と言う事で、
 このようなことも踏まえつつ、脱毛方法を決める時の参考にしていただければ と思います。