照射方法.

フラッシュ式の脱毛器と違って、レーザー脱毛は「レーザービーム」と呼ばれるように、”一定の方向に向かってまっすぐに進む” と言うレーザーの特質上 “照射口が小さく狭い” のが難点? で、トリアの照射口も それにもれず、直径がわずか1cm 弱と言う狭さ。しかも実際にレーザーが発射される部分は わずか8mm!

それゆえに!
トリアでのレーザー照射は 非常に繊細で細かい作業で、人によっては 難しく神経をすり減らす? 作業となるかもしれません。
 実際に照射を開始する前は、痛み対策として 保冷剤・冷却ジェルなどはできるだけ多めに準備しておきましょう!

イザ!照射!!

トリアの照射口をピッタリと肌に密着させます。この時に内蔵されている3点のタッチセンサーが3つとも感知しないとレーザーは照射させませんので注意してください。

 照射口がキチンと肌に当たっていると、「プッ」と言う操作音が。その後すぐ「ピッ」となったと同時にレーザーが発射されます。1回照射が終わると再び「プッ」と言う操作音がして、待機状態になります。

コツとしては、「プッ」の待機状態で照射口をズラし、「ピッ」で照射。この繰り返しです。照射口をズラした時に1点でもタッチセンサーが感知しなかった時は、「ブーッ」と言うちょっと長めの 低く鈍いエラー音がしてレーザーは照射されません。

「ピッ」の後、すぐにレンズを移動(「プッ」と鳴る前)すると 照射が中断されてしまうので気を付けましょう。
 また 痛みでどうしても我慢ができない時以外は、できるだけ 1部位を一気に照射してしまいましょう。

「ピッ」とか「プッ」とか「痛い」とか、難しいことだらけ? だとは思いますが、照射が中断すると それだけ脱毛効果が低下してしまう とのことです。

ちなみに 照射モードは2種類あって、上記のように 肌にピタッとつけたままスライドさせて処理をする『スライディングモード』と、ピンポイントで 1回1回トリアを肌から話して照射する『ポイント照射モード』があります。

トリア
《スライディング照射 の仕方》
「プッ」の時に、照射レンズを少し肌から浮かすカンジで、今 照射した部分の半分が重なる程度(5ミリ程度)ズラして「ピッ」となったら照射。

 これを繰り返していきます。
← 左図 参照。

必ず前回と重なる箇所があるように、「ほんのちょっとズラす」事がコツです。かといって、「全く動いていない」ということのないように!
 同じ場所を何度も照射すると 皮膚の温度が上昇してトラブルを起こしてしまう可能性があります。
 
ポイント照射モードの場合は、1回1回トリアを離す=トリアをいちいち持ち上げないといけない ので、かなり体力を消耗します(トリアの総重量は約600g)。

 上腕二頭筋に自身のある方はどうぞ。

トリアの照射は慣れると簡単?!

そう。
何事も “慣れ” です。

慣れてくることによって、スムーズに照射ができるようになります!
 ガンバって続けましょう!!